読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年退職からのディトレード挑戦

〜やり直しの株式投資〜

木曜日:昨日の大反省

雨音を聞きながら朝を迎える。

夏に履き慣れた短パンも、そろそろ涼しくなってきた。
来週にはまだ30度の暑い日もあるようだけど、
それが終わったら短パンもやめよう。

風邪ひくし、足元が冷えるとトイレも近くなるから。

雨のせいもあって、気も落ち着き、
朝からパソコンを起動して
昨日の反省を書いてみることにした。

 

どうしても納得いかなくて

昨日の売買損益−48,000円に反省するところがないだろうか。

自分の投資行動になんとも納得がいかない。ここの所のデイトレードでは、まずまず順調に動き始めたのではないかと安心し始めていた。

自信が持てるようになった、なんて言えるレベルではないが、気が重く朝を迎えることが減ってきたというレベルだ。

月の前半でこさえた損切額を返済して、月間利益を出すことも見えてきたのに。なんとも納得行かない気持ちから、朝からパソコンに向かって反省することにした。

 

チャートの動きに素直になること

取引を振り返ってみると、この日も前日と同様に任天堂(7974)串カツ田中(3547)カナミックネットワーク(3939)へのエントリーを目標にして相場を見始めた。

実際には任天堂はエントリータイミングを図ることもなく、見ているだけだったかな。株価が移動平均線を下回り始めてからは、ここで空売りしてなどと考えていただけだ。

とにかく気持ちは串カツ田中カナミックネットワークにぞっこんといったところだ。好きな子しか目に入らないのと同じことだ。(いくつになっても変わらないものです)

 

「第1の反省」はここだな。チャートの動きに素直に反応して、相手に気がある方に向かっていけばいいじゃないか。そっぽを向いている子にいつまでも関わることもないだろう。

 

「第2の反省」として、空売りの発想をもっと取り入れること。東証一部で出来高の多い銘柄なら、株価が移動平均線に素直に反応してダマシも少ないのだから勇気を持って参戦しよう。

 

やばいと感じたらすぐに手を打つ

カナミックネットワークはIPOから4日目で、上昇してきた株価も調整するタイミングに入ってきた。それでなくとも本日は日銀の政策発表を控え、更に休日前ということも有り市場参加者も少なくなっている。

f:id:up2t-skmt:20160922100337j:plain

 

寄付きから1時間の動きが終わったら、後は軟調な動きも予想される。 カナミックネットワークの寄り付きから動きを凝視していた。

9:10ぐらいまでは買う気で注文板を出して株数を入力して待っていたが、昨日までの元気な動きが無いように見えて、株価も行ったり来たりで大きく上昇する様子が見えないので注文板を消した。その後急落したので胸をなでおろした。

 

長い陰線のローソク足の後のリターンを狙うことにしたが、移動平均線の右下がりが急すぎるので、暫く待っていると再び急落した。今日は慎重になったほう良いな。移動平均線が右上がりになって上昇が確認できたらエントリーしようと決めた。

そして、その時が来たので10:04に8,360円で300株買った。8,400円を超えることもあったが、結局これ以後この株価を上回ることはなかった。

それでも11:25までは下がれば買われる展開が続いたので、暫く待てば上昇するだろうと待っていたが、昼休憩時にポジションは持ちたくないのでいったん売却することにした。

買値を下回ると言っても8,300円台で売れる時間帯も有り、もしかしたら上昇するのかと売却注文を取り消すことも何度かあった。売却が遅れた原因もそこにある。

 

「第3の反省」はここにある。損切りする時は決めたらさっさと行うこと。もしかしたら上昇するかもしれないというスケベ根性は捨てなければ。何十分にも渡って株価の動きを見てきて、これはやばいかもという自分の判断を優先しなければいけない。

 

その日の基調を見極める

「第4の反省」は、これが一番の大きな反省点だ。そもそもこの銘柄を買うべきではなかったということだ。

カナミックネットワークはIPOから4日めで、調整に入って下落傾向に入っていた。前日までの動きとは異なって大きな下落を考えて、この銘柄は避けるべきだった。

同じく株価の動きを見ていた串カツ田中はIPOから5日目で、前日に下落の洗礼を受けている。ほぼ同時刻に上昇が始まり串カツ田中は5,400円から5,900円までの上昇を見せている。この上昇を脇で見ながらカナミックネットワークに関わりすぎていた。

「買わなかったほうが上昇するって、よくあることだよな」などと独り言。両者とも株価が激しく動くので両方にエントリーするのはとても無理だが。それぞれの置かれた立場を考える余裕が欲しかった。

それは難しいかな。だったら両方に手を出さなければよかったのだ。任天堂一本で充分だったのでは。

 

充分吐き出して反省出来たかな。
明日をスッキリ向かえることにしましょう。