定年退職からのディトレード挑戦

〜やり直しの株式投資〜

金曜日:天気も悪く気も落ち込む

天気予報通り朝から雨。

わざわざ雨降りの日に出掛けることもないので、ここ数ヶ月傘を差していないな。

 

本日の相場概観

今朝のテレ東モーサテは、個人投資家にファンの多い三菱UFJ証券の藤戸氏の出演。中国はバブルを意図的に作り、上海株相場の次は土地バブルを起こしていたが、いよいよ土地バブルも高値をつけて下落の様子が見えてきた。

夏にかけて注意深く見ておく必要がある。中国関連の企業は業績の下方修正も考えられるので株価に気をつける。とのお話有り。

ファンの多い藤戸氏の発言だけに、気をつけたいところだ。

 

本日のデイトレード

とにかく出来高が少なくて株価が動かない。急な動きを見つけられれば乗っていけるんだか、そうもうまくいかない。出来高を伴って上げ始めても、5分で終わって下落し始めるものもあるので怖い。

Hamee(3134)を1,442円で1,000株価買うが、どうもうまくいかない。損切り額にも届かなかったので、そのまま持ち越しになってしまった。

よって本日の収支報告はありません。

 

あんまり持越をするのもどうかな。資金を寝かせてしまうのでは、デイトレのメリットが無くなってしまうしな。

米英では3連休とかで月曜日も低調な相場が予想される。無理しないで5月の残り2日間は全休でもいいかな。それぐらいの気持ちでいよう。

 

ダマシを見抜くには

本日のグリーンペプタイド(4594)の値動きを見ていた時に。出来高が少なく株価も停滞していたのが、急に板の点滅が早まって次々に買われ始めた。

f:id:up2t-skmt:20160527175833j:plain

 

こりゃ、来たな。と買いそうになりました。

午後の遅い時間だったのでやめたけど、その後株価は伸びず移動平均線を下回って下落していった。

こういったダマシが時たま有る。ダマシというよりは、もっと下の方で買った人にとっては売りどきになるんでしょうけど。

ダマシを見抜く方法のひとつに、出来高を伴わない急上昇は危険があるようですが、今回のように出来高を伴っていると判断できない。 何か方法はないかと探してみたら、日足チャートにひとつのヒントがあるような。

日足チャートのトレンドが右下がりで、さらに株価が移動平均線を下回っている銘柄には、この手のダマシが多いように感じる。下落基調だから無理にでも株価を上げたいということもあるのだろうか。

トレンドが右下がりの銘柄から利益を取るのは難しいようです。自分が取り組むべき銘柄であるか検討が必要だ。