定年退職からのディトレード挑戦

〜やり直しの株式投資〜

水曜日:運が尽きる前に改善を

おもいっきり寝坊しました。

5時半には起きているところ、自分がイビキかいているのに気がついて目が覚めたら6時半。誰に怒られることもないんですが、けじめが付きません。

昨夜は寝床についてからも、一日の失敗トレードを考えていると眠れなくなってしまい、本を読むことにしました。いつの間にか朝刊の配達バイクの音が聞こえてきたので、慌ててライトを消して寝ることにしたら、すぐにぐっすり寝付いたようです。

 

本日の相場概況

1時間の寝坊をしたと言っても、9時からの相場開始には充分間に合いそうですが、洗面を済ませてから日経新聞朝刊を読んで、録画したモーサテと日経モーニングプラスを見ていると時間が迫ります。

ただ、最近は新聞もモーサテも以前ほど一生懸命に見ていないかな。監視銘柄は前夜中に選んであるので、相場が始まったら5分足チャートと板情報を見続けて売買判断をしているだけです。といった訳で、その日の投資判断に新聞の話題はあまり関係ないかな。と思い始めています。

そうは言っても、強気で行くか弱気で行くかを判断する程度には経済・産業情報を知っていたほうがいいでしょう。

今はマザーズ市場も好調で、今年2月12日底値から本日までで1.85倍上昇しています。これが今後も続くのか。次はどこに資金が向かっていくのか感じ取るためにも、新聞やTVの経済ニュースで感覚を磨いておかなければいけないのかもしれません。

目の前の作業に必要かどうかで判断するのではなく、適切な相場観を持つためにも相場概観は怠りなく行っていきましょうか。

 

本日のデイトレード

前日以前からの持越分を処分することを、第一に考えて挑みました。

多少でも利益を上げて損切り分を取り戻したい気持ちから、昨日に続いてロックオン(3690)に手を出しました。

買ってから40分ほど上昇するのを待ちましたが、出来高を伴って上昇し始めたのでしっかり見極め、上値が停滞したので高望みしないで売却しました。多少の利益といっても今日の損切り行動を助けてくれます。

結局持越銘柄で損切りになったのはアカツキ(3932)だけですみました。本日は午後1時までしか相場を見ていられないので、ぎりぎりまで粘ってうまく損切りできたと喜んでいたら、2時近くになって急騰し買値を上回っていたようですが、まあ、それを気にしていたらやってられない。良い時だって有るんだし。

本日のデイトレードの収支は次の通りでした。

f:id:up2t-skmt:20160511155929j:plain

 

運を使い果たす前に改善を

夜も眠れないほどに何を悩んだのかというと。損切りが出来なくて持越銘柄をいくつも抱えてしまったことです。

昨日と本日の利益が少ないのは、持越を多く抱えてしまったため資金が不足して買い物ができなかったのもひとつの原因です。(必ずプラスになるってこともないんですが)

今日の課題は持越銘柄を処分することです。 最近持ち越していたアカツキ(3932)は寄付き前の気配値が昨日終値より高かったのでプラスで処分できそう。一方、グリーンペプタイド(4594)は寄付き前の気配値がだいぶ下がっている。持越はやっぱりダメだな。

結果はまったく逆にアカツキが損切りとなり、グリーンペプタイドはわずかでもプラスで終了。

 

何故損してでも資金を回収するのか、よーくわかりました。せっかく上昇する銘柄を目の前にしても資金が足りなくて買えないのです。機会損失の発生と言ってもいいでしょう。

損切りと言ってもあまりに多額になってはいけません。アカツキの損切りがこんなに少額で済んだのはラッキーなだけ。こんなことに運を使い果たしたくないので、今まで書籍でさんざん勉強してきた通りに損切り行動を起こします。

キャッシュポジションをどれ位にしておくのかと言った、資金管理もまったく出来ていません。今は突っ走りまくりです。1つずつほころびを改善していくことで、利益率を上げていくことが出来そうです。