定年退職からのディトレード挑戦

〜やり直しの株式投資〜

水曜日:はてな株ストップ高

福岡では桜が満開になったそうです。埼玉は週末ぐらいになるのかな。
花盛りの季節になると花粉症の方も真っ盛りで、今日あたりは目頭が痒くて目がしょぼしょぼ。本日は学習中心で過ごしました。

 

本日の相場概況

NYダウは…..
FRB議長は…..
円高傾向で…..

ま、そんな理由で寄り付き前から軟調な相場展開が予想されていました。終わってみれば予想以上の下落でした。

持ち株のうち3月決算の銘柄について、昨日より本日のほうが値下がりしていた。

なんで?と思うが。

よく考えて見れば権利落ちで値が下がりがちなところで売るより、少し間を置いて値が戻ってきたところで売ったほうがいい、と考える個人投資家は多いのでは。
私もその口なんですけどね。

日経新聞朝刊の株式面には、大口投資家の動きとして、株価下落でPBR1倍割れなど割安となった株でも業績不安から買われにくく、成長株に資金が向かっているということです。

成長株となると中小型株が中心で、新興市場に資金が向かいやすい傾向にあるということです。東証マザーズ指数も順調に右肩上がりを続けています。

デイトレーダーに好まれる、値幅の取れる新興株がますます元気なるのは、自分にとっても喜ばしいことですが、資金の移動も早いのでのんびり構えていられません。

 

はてなストップ高

はてな(3930)は、上場以来株価は下落を続け2,000円を下回ることも有りましたが、本日の昼に材料が出て一気にストップ高となりました。

ソニーとのニュースサイトの共同開発運営という具体的な話なので、暫くは株価の上昇が続きそうです。

報道を受けてからではとても買えそうもないけど、一週間の分足チャートをみると底を打って少し上昇傾向が見えます。

f:id:up2t-skmt:20160330144500j:plain

この辺からアンテナがピッピッと反応して様子を見るなんて…..。

無理かな、無理でしょうね。

IPOやテーマ株で話題になった銘柄は高値から下落して低迷していても、時間を置いて買われることがあるので、暫く観察する目ざとさが欲しいです。専業投資家なんだしそれぐらいの行動が取れなくては。反省材料です。

 

本日の学習

サンチャゴ氏のKindle本3冊を要約したノートを更に要約してマインドマップを作り、どう役立てるかを考えました。

3冊の本の内容をざっくり言うと、1巻目は、エントリーの手法、2巻目はエグジット(資金回収)の手法、3巻目はエントリーやエグジットを板情報や歩み値を見ながらの具体的手法、になる。

f:id:up2t-skmt:20160330144501j:plain

これを自分が実際にとる行動に沿って、前夜はこんなふうに銘柄情報を集めて、当日はどの時点でエントリーするか、などなどまとめてみました。

要約ノートを付けて勉強した感いっぱいでも、具体的な行動に還元しないと知識が役に立ちません。

あとは、サンチャゴ氏も本の中で入っているように、

「…..スキルに加え、経験を積んで勘所を身につける…..」事が必要です。